F-beauty.net Staff Column
紫外線シーズン!日焼け止めの選び方
-SPFとPAって??-

紫外線シーズン!日焼け止めの選び方 -SPFとPAって??-

こんにちは!エフビューティネットのMです。
そろそろ紫外線が気になる季節になってきましたね。夏はまだまだ先でしょう?なんて悠長なことは実は言っていられません!紫外線は一年中降り注いでいますが、紫外線の量が多い季節はだいたい5月~8月なんです。
というわけで今回は紫外線シーズンのシーンに合わせた日焼け止めの選び方をご紹介します☆

日焼け止めは何を見て選ぶ?

紫外線シーズン!日焼け止めの選び方 -SPFとPAって??-

日焼け止めを選ぶとき、何を基準にして選んでいますか?
『もちろんSPFPAの値を見て選ぶ!』そんな人が多いのでは。
でも、SPFとPAって一体何の値なの??

SPF(サン プロテクション ファクター)

  • 肌が赤く炎症を起こすUVB(紫外線B波)を防いでくれる値になります。
  • SPF50までの数値で表され、50以上のものは50+と表示がされています。
  • SPF値は肌をUVB(紫外線B波)から守ってくれる時間を表しています。

PA(プロテクション グレイド オブ UVA)

  • シミやシワ、たるみの原因となるUVA(紫外線A波)を防いでくれる値になります。
  • PA+、PA++、PA+++、PA++++の4段階に分けられ、+が多いほど効果が高くなります。
紫外線シーズン!日焼け止めの選び方 -SPFとPAって??-

SPFとPAは波長が違う、UVA・UVBを防いでくれる値のことだったんですね。
日焼け止めに表示されているSPFとPAの違いが分かったでしょうか☆

SPFとPA、高ければ良い訳ではない!?

SPFとPAの値ですが、実は高ければ高いほどOK!というわけではないんです。
特にSPF値はお肌をUVBから守ってくれる時間を表しているので、数値が高ければその分UVBから守ってくれる時間が長いということを表しています。

例えば20分で肌が赤くなり始めるとした場合、SPF50の日焼け止めだと

20分×SPF50=1000分

約16時間、UVBから守ってくれるという計算になるんですね。

日焼け止めは数値が高ければその分お肌にも負担が大きいので、ちょっとしたお買い物や散歩に16時間も効果があるSPF50+やPA++++の日焼け止めを塗るというのは必要ない上に負担が大きすぎるというわけです!

【シーンに合わせた日焼け止めの選び方 目安表】

紫外線シーズン!日焼け止めの選び方 -SPFとPAって??-日常生活 SPF10~20 PA+
紫外線シーズン!日焼け止めの選び方 -SPFとPAって??-屋外活動(レジャー・スポーツ) SPF20~30 PA++
紫外線シーズン!日焼け止めの選び方 -SPFとPAって??-炎天下でのレジャー・海水浴 SPF30~50 PA++~PA+++
紫外線シーズン!日焼け止めの選び方 -SPFとPAって??-紫外線が強い場所、
紫外線に過敏な人
SPF50~50+ PA+++~PA++++

まとめ

日焼け対策はむやみにSPF・PAの値が高いものを選ぶよりも、シーンに合わせた日焼け止めを選ぶことが大事なんですね!

日常生活ではSPF・PA値が低めの日焼け止めを適量こまめに塗り直す方が効果的で、お肌に負担も少なくすることができます。
ぜひ自分の肌に合った日焼け止めを探してみてください♪

おすすめ日焼け止め
おすすめUV下地
コラム
Parachute ヘアーコラム
美容師 独立・開業コラム
紹介無料!独立・開業支援 DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】
美容室・ネイルサロン様向け激安ホームページ制作ビューティレディネット!